御鏡紅蓮のブログ

徒然なるままに、時事等の出来事を書き記した物です。

MENU

その給料本当に適正ですか??

色々な企業がある中で、現在の年収・待遇面で不満を持たれてる方も多いでしょう。

さて、東京では時給1013円が最低賃金となっております。

逆を返せば、そこから年収の最低ラインが見えてくる内容となります。

例えば、休日90日 福利厚生は無し、年収250万とした場合

8h✕(365-90日=275)✕1013=2,228,600円+ボーナス約30万ぐらい

月収に変換すると、

8h✕(30-4)✕1013=210,704円が目安となります。

あくまで、目安の計算となりますが・・・。

その為、この試算以下の給料であれば、その企業での実賃金がおかしいとの事になります。最低賃金以下での仕事となる為、労働監督署に確認した方が良いでしょう。

※あくまで、総支給額になりますので、実際の手取りはそこから税金や、保険等引かれる為、半分ぐらいに見ておくと良いですが・・・。

 

年間の休日は土日合せて1年で104日前後あります。また祝日が16日あるので、120日が基準となる為、その企業の休日がどうなのかを考える基準となります。企業によりますが、夏期休暇等入れば自ずと増えて来ます。とは言え、年休が多ければ、2交代・3交代勤務が存在する為、企業選びの際には注意が必要な所にもなりますが・・・。

 

とまぁ・・休日を最低レベルで働いたとしても、時給換算した上、残業が多ければ自ずと、250万は容易に超えてこないとおかしな話となる訳です。

 

そんな訳で・・・貴方の企業は大丈夫でしょうか?

現在仮に正社員だとしても、上記金額以下であれば余りメリットはありません。

アルバイト・パートの給料以下であると正直に言えます。

逆にアルバイト・パートであった場合、扶養の範囲での労働を考えた場合には、半年で超えてしまう事になります。

 

月収9万として、年収に換算すれば108万円。

90,000/1000=90h(※13円省いてます)=4h✕22日を超えた辺りから控除ラインを超えるリスクが出ますので、目安として覚えておくと便利です。

 

 

 

太陽光パネルの設置義務付けに関して

正直東京都の住宅への設置義務づけが、電力逼迫に対しての無価値である事は、想定できる話ではありますが・・・。

さて、実際太陽光パネルってそんなに発電するのか、それとも飾りなのか。

正直そんな疑問もあると思います。

一世帯辺りの発電量を賄うとすれば、大体4KW/hの能力があれば、大抵何とかなります。そもそも消費電力の高い、家電量販店・スーパー・工場等の補助電力としての能力は期待出来ると考えれます。ただし、当然ながら日照率がある為、不安定な供給に頼る訳にも行きません。

その為、蓄電池とセットでの運用が不可欠となってきます。

そのお値段も太陽光パネルと同額と考えれば自ずと手を引く事が多いと思います。

その為、パネルとセットで企業に義務付ければ、一般家庭の電力が逼迫する事無く、企業側は電力を供給する側に回る事が出来ます。

一個人が負担するには大きい負担だと言う事が焦点なのですが、そこら辺が都知事が無知と言わざる追えない所。

個人に義務付けるより、首都高等、比較的生態系に影響を及ぼさずに管理出来るエリアや、前述しているスーパーの屋上・駐車場エリアを有効活用する事で、大規模電力は確保できるのにです・・・・。

 

まぁこれだけの事を踏まえれば、政治家は庶民の考えとかけ離れてるという事でしょうね。

 

まぁ工場設置している所でも、太陽光発電を活かせてない企業はよく見かけますが・・・

 

ちょこちょこ太陽光パネルの設置に関しては書いておりますが・・・

個人的に、

単結晶シリコンである事。

周辺に遮蔽物(影を作る原因)が無い事。

気象が比較的晴天率が高い地域である事。

設置が4KWを超える事がポイントです。

が重要です。

その為、狭小地や、密集地には向かないという事を覚えておくと良いです。

土建関連の飛び込み営業も増える事でしょうが、くれぐれも詐欺のような営業に引っかからないように注意してください。

 

また蓄電池ビジネスもありますが・・・

こちらは一般家庭で、上記発電に該当した場合、そもそも設置に向いてません。

理由としては、設置場所が暗所出ない点(電池の劣化が進みます。)

蓄電池の寿命は10~15年(太陽光パネルは20年程度)廃棄の際、2重に大変です。

また、充放電の関係もありますので、太陽光の充電率(最大発電量)を基準に充電池の容量も大きくなる為、それに合わせた形で値段もつり上がります。

 

その為、私は否定派ですが、企業であればそれぐらいのメンテはキュービクルのメンテと同じ為、問題ないと考えられます。

 

まぁ土建屋の飛び込み・ネット営業は正直安かれ・悪かれの所が多いので、出来れば信頼できる地元の工務店を見つけると良いですね。売電42円時代には乱立した会社も大半が潰れてますし・・・・・。

 

 

 

 

 

溺れる人を助ける際には注意が必要。

鹿児島のホテルにて、女子大生が溺れる妹を助けようとして、亡くなる事故がありました。溺れてる人を助けるのは簡単なようで、実は難しい事なのです。

 

そこで、救助の際、大事な点として、

1.一人で助けようとしない。

2.浮き輪等、しがみついて浮かべる物を渡す。

3.沈む迄待つ。(泳ぎに自信がある場合のみ)

 

の三つあります。

一見薄情な選択に感じますが、二重事故の防止の意味が大きいです。

溺れる側としては、パニックを起してる為、なにか掴む物が近くにあれば、しがみついてきます。その為、救助者が近づくと、救助者にしがみついて、泳げなくなる為、双方共に溺れる事故が発生してしまいます。

その為、一人では助けるのが難しいです。正面に意識を向けさせながら、背後から救助するのがセオリーとなります。

助けに行く前に、浮き輪などにしがみついてくれてれば、そのまま浮き輪を引張るだけで良いので、こちらも安全に救助出来ます。

そして、沈みだした状態というのは意識が無い為、迅速に救助し、水を吐かせる等の処置が要りますが、相手が意識が無い為、しがみつかれて溺れる事故率は減る事となります。

 

とまぁ冷静に理解で来てれば、手頃なビート板や、フローター持って近づくだけでも、良かったのですが・・・。

 

水場で遊びに行く際には、浮き輪や、給水用のペットボトル等を身近な所に置いておくと良いです。※ペットボトルlの場合は背泳ぎで、おへそ辺りに抱えさせると良いですが、体調によっては、首元(気道確保)や、両脇に挟んで立ち泳ぎなども有効です。

 

救助する際にも体格差が余程無い限り、救助用の泳法は一般的な泳ぎではないので、技術が要ります。アニメ・ドラマ・マンガのように簡単では無い為、一人で何とかしようと努力しないでください。

 

 

 

傷病休暇の使い方 ー会社が教えてくれない休み方ー

よく、怪我をして、傷病休暇を取る際や、今回流行してるCOVID19(コロナ)・インフルエンザにかかった際に、有休を使う人が居ますが、

「お薦めしません。」

と言うのも、有休が余ってしょうが無い・・・って方ならば特に何も言いませんが、

傷病休暇には、傷病手当が付いてきます。

傷病手当は2/3補償される物でありますので、勿論給料としては満額出る訳ではありません。

しかも傷病休暇には待機三日の原則が有り、罹患(当日)~連続三日欠勤(土日含む)が発生した際に、発生します。

その為、コロナであれば、隔離期間7日=3日待機+4日になるので、1週間傷病手当が発生する事になります。その為、その1週間も医療保険をかけておれば、保険会社の規約に則り、補償される為、申請しておけば、一律給付が受けられる為、罹患リスクが高くなっている現在ではかけておく事をお薦めします。

 

なので、ここで重要なのは「1週間を超える見込みの病気にかかる事が予見される場合は、有休休暇の申請は取り下げた方が良い。」

と言う事です。肺炎・コロナ・骨折等々長期療養が必要となる病気は特に気をつけましょう。

ただし・・・傷病休暇にもデメリットがあります。

 

傷病休暇3ヶ月以上続く場合は、「休職」に入るケースが多いと思います。

この休職期間(会社によって異なる為、社則を確認した方が良いです。)が超過した場合、「退職」になる事がありますので、復職可能な状態が一時的にある場合は、極力復職した方が良いです。また、復職の場合、面談が伴います。休職してるから会社との連絡が取れるようにしておかないと、退職になるケースもあるので、ご注意を。(基本的には月1程度報連相しておく事が目安です。)

 

再度コロナの罹患率が上昇しておりますが、キチンと予防を行っていても、罹患する事があるので、大変コントロールの難しい病気です。無症状者と、軽~重傷者での違いは明確ではないのと、肺炎症状以外にも色々な事例があります。また、コロナ軽症で、基礎疾患が悪化した場合には、積極的治療は行われないので、苦しむ事になります。(私がそうでした・・・。119番・病院にも断られ、コロナ隔離明け+1週苦しんだ記憶は忘れれません。)

 

そういった事態に踏まえて、インドアで出来る趣味を増やしておくと良いかも知れませんね?

節電対策に何が必要???

昨今、暑い夏が続き、電力逼迫が叫ばれるようになってきました。

さて、個人で出来る節電にはどんな種類があるでしょうか???

 

1.エアコンは小まめに消さない。

エアコンは温度を一定に保ってる間は電力はさほど使いません。

→※修正:実測した所、うちのエアコンでは、消費電力が通常状態(運転:1.0kW/h)に対して、停止が、0.4kW/h  それに対して、4h程外出(サーキュレーターはONのまま)した際の電力が、1.7kW/hでした。その為、目安として、1時間以上空くようであれば、消した方が良いです。

目安としては、ちょっと高めですが、「冷房:25℃」で、「24時間」付けたままにしておくと、室内の温度の乱高下が無い為、過ごしやすいです。

 

2.ペアガラスの設置

窓からの熱伝導が高い為、二重窓(ペアガラス)にしておくと、室内の温度が上昇しにくくなります。所謂建物丸ごと魔法瓶と思った方が良いかと。その為、夏場以外にも、冬場の暖房費の節約になります。

 

3.サーキュレーターの併用

、部屋の広さに合わせて、本体の角度が変えれられるものが望ましいです。設置場所としてはエアコンの位置にもよりますが、空気の抜ける方向に向けて流れを作るのが望ましいです。密室になってる場合は、部屋の対角線上の天井に向けると良いです。

 

4.除湿機の使用

除湿機は大まかに、コンプレッサー式・デシカント式と分かれます。

コンプレッサー式は空気を圧縮する事で、湿気を取る為、圧縮熱を持ちますが、カビにくい点があり、デシカント式は、空気を結露させる事で湿気を取る為、カビやすいというのが一般的な話です。

とは言え、室内の湿度が高ければ、自ずと不快指数が高くなる為、除湿を行う事で、エアコンの設定温度が高くても、不快感が無くなります。とは言え、乾燥し過ぎると、喉や、身体への負担以外にも、帯電しやすくなる為、40~60%が目安となります。

 

5.部屋の集中

前述のように室温が乱高下する所で電力を使う為、部屋の移動が多ければその分、電力を使います。その為、1つの部屋で一日過ごせると1室の温度管理だけとなる為、比較的電力の消費が少ないです。夜間寝室に移動する際は、事前に室温が高かった場合は、部屋の窓を開け、室温を下げてからエアコンを使う工夫をすると節電になります。

 

国や、企業の不始末が原因の物を、個人の頑張りで賄うのはいささかモヤッとしますが・・節電をうまく行えるようになれば、結果的に個人の財布が潤うというとこになります。まぁ・・FITの契約が切れて、二束三文の値段で電気を買われてる方は、太陽光パネルでバンバン発電してると思いますので、逆に天気の良い日は、思いっきり家の中全体を冷やしても良いかも知れませんね?

そもそも、節電ポイントなんて、前年度比等では、家庭の変化があれば、増減しますし、変化の無い家で、節電に努力してる人が損するシステム等不要なんですけどね??そこに気がつかない上、目先しか考えてないから、国民の負担が増えるだけなんですけどね・・・

太陽光パネルー都内設置編ー

太陽光パネルを義務化して電力不足に備えよう・・という考えがありますが、

実はこれらに関しては余り掘下げられてない為、正直恩恵は薄いです。

まず、太陽光パネルにおいて、日射・日照が必要になります。

 

基本的に、太陽に対し、AM(エアマス:太陽と、太陽光パネルの直交度)が0が理想状態となります。

AM0は理想なので、成り立たないと仮定し、春~冬の太陽の角度を平均化し、最適化したのが、関東エリアで45~60°ぐらいとなります。

 

都内では高層マンション・タワーの影響で発電効率が落ちることが予想されます。

太陽光パネル(単結晶シリコン)の場合は影が発電阻害となる為、上記建物の近隣(東・北・西)においては、発電量の低下する時間帯が発生する事となります。

 

とまぁマイナス要素ばかり太陽光パネルは目立ちますが、これらは主に、悪徳業者が横行しており、不動産関係の訪問販売型が多くのそれを占めています。現在では太陽光パネルを設置してる家庭をターゲットに、蓄電池を売りつけようと行脚しておりますが・・・。

 

太陽光パネルって儲かるの??って思う方もおりますが、正直ローンで買わない方が良いのと、設置量が少量であれば、どちらかというと、本体より足場代の方が高くなり、乗せるだけ損なるかと・・・。足場代+設置料が本体価格の1/2超えるようであれば辞めた方が良いです。既設住宅であれば、屋根が対応してないケースもあるので、注意が必要。屋根の葺き替えや、屋根の塗装と合わせた方が良いです。

足場を組まないケースもありますが・・・昨今安全の関係から必要になるので、ここも確認した方が良いでしょう。その為、新築を対象に考えてるようですが・・・・。

 

とまぁ前置きはさておき、レアメタルがどうこう問題になったり、馬鹿な開発業者が山肌をえぐって迄発電したり、太陽光パネルには負の印象が多いですが・・・

実際そんなことをしなくても、十分に稼げる事になります。

但し、気象条件を鑑みて、自分の建築エリアが適してるかを考えた方が良いでしょう。

 

水害に遭いにくいエリア・山間が近いエリア・雹の降りやすいエリアは避けるのが望ましです。一般的に強化ガラス(ガラス面に、保護層や、各種膜を形成してる為)の為、割れにくいですが、リスクは減らした方が良いというのが、考えです。

 

まず、水害は発生した際に、損傷したパネルを除去するのに、日照時間を避ける必要があり、日照時間は漏電の可能性がありますので、その際の手間を考えるとリスクがあります。勿論水域山間が近いと、獣害や、土砂のリスクがある為、普通は避けます。

 

気象の変化が多い土地も同様です。特に突風雷雨が多いエリアには不向きです。

勿論風が強ければ、故障の原因となる飛来物当然ですが、前線がぶつかりやすいエリアという事も一つの要員となります。その為、関東平野でも一部のエリアは向いてません。

基本的に太陽光パネル自体より、インバーターの寿命が1年1%低下するので10年というのが目安だったのですが・・・正直実稼働は天候にも左右される為、低下は感じない結果となってます。効率上げる為の基礎研究の一環でどっか研究やらせてくれるとこがあれば、アイデア売りますけどね・・・。

 

とまぁ単純一括りでは行かない訳なんです。

なので、水害の確率が無く、山間が近くに無く、高層物が近くに無い地域に、設置するのが良いので、23区内ですと大体外れてきます。どちらかというと郊外の方が向いてます。また、郊外でも、山間の近い八王子方面や、風害の多い内房の辺りも避ければ必然的に極限られたエリアとなってきます。

 

さて、設置しようと考えるエリアに該当してますでしょうか??してなければ辞めた方が良いですね。蓄電池は正直充放電考えると、劣化も踏まえて200万近い金を出して、買う意味が無いです。自治体から依頼があって、災害時の為、設置させて欲しいというのであれば、設置しますが・・・。

個人的に、夜間電力と日中の発電での相殺考えた時に、確かに蓄えれるのは良いのですが、コスパが悪い。減価償却迄の期間と、電池の性能劣化迄の期間を踏まれば尚更です。

最後に・・・飛び込み営業や、悪質な訪問販売に気をつけましょう。

 

腱板不全断裂 備忘録 Part3

リハビリは出来る病院(経験のある)と出来ない病院があるので注意が必要。

 

・基本的にリハビリのみで受けてくれるとこは無いので、整形外科に一度受診するので、そこの医師の評判は聞いておいた方が良い。

※私も家から近い病院に事前に確認していたのだが、医師が耄碌しており、紹介状も読まないし・・・話も中々通じない・・・諦めて帰ろうとした際に、事前に連絡していた、リハビリの看護師が来た為、会話がなんとか通じたが・・・。

 

その際、術後間もない事も忘れられており、だいぶ無理をさせられて、かなり痛い思いをする事に・・・・。リハビリも知見がある看護師も1名だけだったので、メニューは決まっていても、出来る・出来ないはあるようです・・・。何処でも出来るって聞いたのに・・・。最近リハビリも細分化されてるので、本当に注意が必要です。まぁ手術した病院でリハビリが一番なのですが・・・・・。

 

抜糸するまで、シャワーのみだが、消毒やら、色々と一人で出来ない事が多いので、苦労する生活はまだまだ当分続きそう・・・・。