御鏡紅蓮のブログ

徒然なるままに、時事等の出来事を書き記した物です。

MENU

春の暑さ対策

昨今気象状況の変化が大きく、春なのに昔の夏並の厚さになってきました。

とは言え、夏の風にはまだなっていません。その為、日の光の入り方で室内の温度を調節する事が出来ます。

太陽の位置に応じて、開けるカーテンの位置を変えるだけでも、室内の温度上昇を下げる事が出来ます。また開けてるカーテンの窓を換気用に用いるだけでも、室温が変ってる2つの理由があります。

一つ目として、空気の対流です。

基本的に、熱い空気は上に、冷たい空気は下に行きます。

それを利用して、階下の窓と、階上の窓を開ける事により、暖かい空気は室外に、冷たい空気は室内に取り込む事が出来ます。その為、室温を下げる事が出来ます。

二つ目として、二酸化炭素です。

密室というのは、人口密度によって変りますが、当然のように呼吸した空気が滞留します。そもそも滞留する理由としても、CO2:N2/O2で考えた際、重さとして12+36:28/32(分子量)からも、二酸化炭素が下に溜まりやすい事になります。

※空気中の酸素:窒素比はだいたい1:3.6ぐらいです。その他の成分は残りの0.4になります。

その為、CO2濃度が高くなる事=酸素濃度が低くなる事に繋がりますので、換気は必要な事にも繋がります。換気がしにくい部屋では、空気清浄機に頼るのも良いかと思います。寝室は特に、就寝後、早朝の酸素濃度は下がりやすい為、密室かつ、低い場所の場合は注意が必要です。

 

カーテンを利用した室温調整ですと、どうしても採光が足りなくて、電気を付ける事になるかと思いますが、エアコンの電力と比べると、結果的にエコに繋がりますので、やってみると良いかもしれませんね?

 

この時期、知らず知らずに、熱中症や、脱水症状になりやすい為、何処でも浄水を手に入れやすいように、マイボトルを使ってますが、毎回水を買うより、コスト・脱ペットにも繋がるので、持ち歩いては如何でしょう??

 

item.rakuten.co.jp

天安門事件